2012年4月12日木曜日

毎朝歯磨きする理由?

江戸時代には、朝起きたらすぐに歯磨きする習慣がありました。


昭和の後半になると、歯磨き会社が朝食後に歯磨きするように提案しました。


確かに歯周病を防ぐには、食べカスを洗い落すのは効果的。


この歯磨き会社には朝食後に磨く習慣を定着させるため、別の理由がありました。


その理由とは?

8 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

食べかすを取るには歯みがき粉の有用性を示すことができて、売上を伸ばすことができるからですか?

funa さんのコメント...

はみがきをしたあと味が変わってしまうから
朝のオレンジ、グレープフルーツジュース、牛乳等が苦くなる

ナッキー Nackey さんのコメント...

funaさん。

コメントありがとうございます!

これは、歯磨き会社の巧妙な販売戦略がありました。

匿名 さんのコメント...

朝食前に磨くよりも後に磨いた方が
歯ブラシの消耗が進み、
歯ブラシが売れるようになると考えた。

ナッキー Nackey さんのコメント...

匿名さん。

コメントありがとうございます。

「歯ブラシの消耗」

いいですね!

これは、合っています。

あと少しで回答にたどり着きます!

匿名 さんのコメント...

今までの習慣の朝食前の歯磨きと
新しい朝食後の歯磨き両方を
実践する人が増えると考えた。
そして消耗を早めようとした。

ナッキー Nackey さんのコメント...

匿名さん。

ありがとうございます!

消耗を早めるように・・・という部分は、正解です。

朝食前の歯磨きをすると食事の味が変わってしまうので、食後に歯磨きをというメッセージにしたのです。

ナッキー Nackey さんのコメント...

答え

朝食後に歯磨きをする習慣を付けると、毎食後に歯磨きをしやすくなる。


すると昼食用に職場に置いておく磨きが売れ、歯磨きペーストの消費量も増える。

習慣の力は凄いです。